Updates

Welcoming new and continuing members!
Dr. Tomoko Hatakeyama (Professor of Family Nursing) and Dr. Makoto Kashimura (previously, a doctoral student) as post-doc researchers, and Dr. Toshihiro Terui (previously, a MD-PhD student) as a doctoral student.

Students' reports of activities in Asia

hasegawa.jpg
03_Cambodia_report‗20180322.jpg

勉強会の日程(2018年度前期)

場所8号館6S602
時間と内容:木曜日
 16:30-18:00 修士・博士合同 輪読と抄読
 18:00-19:00 博士中心(修士も参加歓迎) 研究検討
輪読の教本:川村孝 臨床研究の教科書 医学書院

※以下、これから担当を決めていきます。
日程&担当(輪読/抄読)[研究検討]
510日後藤研究概論(-)[石井]
5
17日村上研究概論(-)[新井]
5
31日(疫学 修士院生/修士院生)[吉田]
6
7日(疫学 修士院生/修士院生)[安井]
6
14日(疫学 修士院生/修士院生)[博士院生・研究員・教員]
6
21日(統計 修士院生/修士院生)[博士院生・研究員・教員]
6
28日(統計 修士院生/修士院生)[博士院生・研究員・教員]
7
5日(統計 修士院生/修士院生)[博士院生・研究員・教員]
7
12日村上研究紹介([博士院生・研究員・教員]
7
19日演習([博士院生・研究員・教員]

※秋は10月開始予定
※看護学修士課程は10回参加1回発表(輪読+抄読)が必須
※医学博士課程は担当教員に要確認

※修士院生も博士院生も演習は必ず出席(欠席の場合は要連絡)
 

国際保健を学ぼう

国際保健分野でご活躍している本学出身の金沢大学町田宗仁先生による、キャリア形成についてのご講義です。海外での活動に関心がある方はぜひご参加ください!

町田先生 poster_20181220_image.jpg

Nov-Dec and upcoming events

NovDec2017.jpg

Upcoming events

英国ランカスター大学のAlison Lloyd Williams先生をお招きして実践社会学セミナーを、米国ハーバード大学のRima Rudd先生をお招きして疫学セミナー(第28回日本疫学会総会)を開催します。

Planning for autumn 2017

In collaboration with Lancaster University, we will work, again, with children in Fukushima to discuss about community. As related activities, local schools invited us to organize classes on parenting and empowerment. Dr. Alison Lloyd Williams, who is a PI of the project, will also teach a series of sociology lectures at FMU. (Will call for participation)

Lancaster University's Cuidar project website
Fukushima Dialogue Meeting: Children discuss ‘what do we need for our future?’
http://www.lancaster.ac.uk/cuidar/2017/08/10/fukushima-dialogue-meeting/

2 20170701_報告書.jpg

勉強会(2017年10月-2018年1月)の予定

場所:健康リスクコミュニケーション学講座
時間:木曜日 16:30-18:00
博士中心(修士も参加歓迎)抄読と研究検討

日程&担当(抄読/研究検討):
10月  5日 後藤
10月12日 村上
10月19日 樫村
10月26日 新井
11月 2日 石井
11月9日 吉田
11月16日 弓屋
12月 7日 渡邉
※7日18-19 アリソン先生のワークショップ "Snakes and Ladders:震災時の子どもの視点を学ぶ"
12月14日 佐藤
12月21日 柏崎
 1月11日  渡邉
 1月18日  村上
 1月25日  竹林

※看護学修士課程は前期で出席回数不足の場合必須
※医学博士課程は1回発表が必須